池羽小児科クリニック

熱中症について

熱中症とは?

熱中症とは、”暑さ”によって引き起こされる、様々な体の不調であり、めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、失神、吐き気、嘔吐、けいれんなど様々な症状をひきおこします。最悪、死に至るケースもあり、梅雨、夏は特に気を付けなければいけません。
熱中症というと、暑い環境、強い日差しで起こると思われているようですが、最近では夜間の室内からでも救急病院に搬送されるケースもあり、室内だから、夜だから安心ということではありません。特に乳児や高齢者は注意が必要です。

熱中症予防?

規則正しい生活、十分な睡眠、まめな水分補給、帽子などの日よけを心がけるように。
熱帯夜で睡眠が浅い場合も熱中症をおこしやすい状態と考えてください。
今頃は電気の消費に気を使っているご家庭も多いと思います。そのためか熱中症で病院に運ばれるお年寄りが増えているようです。
お年寄り、乳児のいるご家庭は節電はほどほどにしておいてください。クーラーの設定温度は28度前後がいいと言われていますが外気温が高ければもっと低い設定でも大丈夫です。さじ加減が少し難しいのですが、大人がはっきりと涼しいと感じるのは少し冷えすぎと思っていただければいいと思います。

熱中症対処法

  1. 涼しいところに運び、足を高くして寝かせる
  2. 水分を飲ませる(塩分入りが好ましい、下記ORS参考)
  3. 体温を下げる…
    • 手足や全身に水をかける
    • ぬれタオルを首筋や脇の下に当てる
    • うちわで扇ぐ
    • 霧吹きで身体に水分を吹きかける
  4. 氷を脇や股に挟んで、熱を放散させる

こういう時は病院へ

  1. くちびるがカサカサになり、皮膚がしわしわになっている時は脱水が進んでいる状態です。
    水分がとれないのなら急いで病院へいくべきです。
  2. 水分を摂らせても自分の足で歩けない、寝たきりが続く状態。
  3. 痙攣、失神、意識がおかしいなどは危険な状態です。急いで病院へいきましょう。

症状が軽くて水分が摂取出来る時はあわてることはありません。

発熱、下痢、嘔吐、熱中症などの水分補給は何をあげればいい?

下記のレシピがORSといって日本語に訳すと経口補液となります。口から飲む点滴と思ってください。
おいしい飲み物ではありませんが脱水時の水分補給としては世界的に一般的なものです。
私がアフガニスタン難民治療をしていたころはこのORSで多くの子供を救うことができました。

水500ml + 食塩1g + 砂糖20g + レモンかグレープフルーツ果汁適量

500mlのペットボトルに材料を入れシェイクすると簡単です。
結構塩味がきつくなるので果汁の量で調節してください。

スポーツ飲料、イオン飲料はだめなの?

汗をかいた時のスポーツ飲料はもはや日本の常識になっています。 しかし以前より胃腸炎、熱中症などの脱水時のスポーツ飲料は問題になっていました。というのはスポーツ飲料は味を良くするために多量の糖分が含まれています。この糖分が腸に負担をかけ下痢を悪くしたり、常用すれば虫歯、肥満にも影響します。最近は「ペットボトル症候群」という言葉も生まれています。 糖分の多さと同様に塩分が少ないのもお勧めできない理由です。汗には塩分が多く含まれています。失った塩分をじゅうぶんに補充できなければ脱水時の水分補給としてはあまり意味がありません。 かといってスポーツ飲料がすべてにおいて脱水に不向きということではありません。子供は味に敏感です。年齢が低ければなおさらです。脱水に一番効くといっても飲んでくれなければ全く意味がありません。最初にORSを飲ませてみて、飲んでくれないのならスポーツ飲料でもやむを得ないでしょう。ただし、スポーツ飲料を常用するという行為はやめるべきです。

ウィルス性胃腸炎について

秋から春にかけてインフルエンザ同様、毎年ウィルス性の胃腸炎が流行します。
最近騒がれているのがノロウィルスですが小児領域では決してめずらしいものではありません。
小児科医からしてみるとノロ、ロタウィルスは子どものお腹の風邪の原因としてはごく一般的なものなのです。でも、一般的だからといって安心もできません。けいれんをおこしやすいウィルスですし場合によっては入院が必要になることもあります。ウィルス性胃腸炎について簡単にまとめました。参考にして下さい。

  1. 症状は下痢、嘔吐が中心です。ノロウィルスは嘔吐が強く、ロタウィルスのほうが発熱多いといわれていますが決まったものではありません。ロタウィルスは乳児冬季白色便性下痢症といって便が白っぽくなるのが特徴です(レモンイエローとよく表現されます) 典型的なパターンとしては嘔吐から始まり、おさまったくらいから下痢が始まる、というのが一般的です。
  2. 嘔吐が続く場合 よくある対処法Q&A

  3. 吐物、下痢など排泄物が強い感染力をもっています。トイレや床に吐物や下痢の飛沫が飛び散った場合、これらの飛沫が乾燥するとウィルスを飛散させてしまいます。掃除にはマスク着用し、漂白剤入りの洗剤で念入りに掃除してください。これらの排泄物には家庭用の漂白剤が有効といわれています。(色落ちには注意してください)
    皮膚や布類など漂白剤を使用できない場合は市販されている消毒液をたっぷり使用し流水で充分に洗い流してください。
  4. 感染経路は人から人(接触感染、飛沫感染)、カキなどの貝類が有名です。貝などを生食で食べさせるのは小児(特に幼児以下)ではノロウィルスの感染に限らず避けるべきでしょう。当然、大人もかかります。大人は我慢することが多く、知らぬ間に家族全員にうつしている事が多いので、この時期の生食は避けておくのが無難です。

役に立つインフルエンザの知識

インフルエンザの歴史

インフルエンザはつい最近から流行し始めたのではなく100年以上の歴史がある病気です。もちろんお母さんたちが小さいころから存在していました。その当時は現在のように検査も特効薬もなく全て医師の判断で診断し、普通に性質の悪い流行性感冒(風邪)として扱っていたわけです。お母さんたちもおそらく何度か罹ったことがあったはずです。そう考えるとインフルエンザは薬を飲まなければ絶対治らない病気というもないわけです。 かといってインフルエンザは恐くない!とも言い切ることは絶対出来ません。せっかく存在する特効薬、予防接種、検査なわけですから有効に利用すべきです。その上手な使い方を説明しようと思います。

予防接種について

子供のインフルエンザで恐いのは脳炎や肺炎を合併することです。ただ、これらを併発するということは決して多くはありません。メディアで毎年のように騒がれますが、日常的に診察している立場からいうと滅多に遭遇することではありません。ですが、もちろんおこり得ない事でもありません。予防接種をきちんと受けていれば、たとえインフルエンザにかかっても重症化を防げるといわれています。インフルの予防接種を受けても罹ってしまう場合も多いのですが、重症化しないだけでも接種する価値は充分にあると考えてください。

インフルエンザの簡易検査について

簡易検査は大変便利な検査なのですが欠点もあります。一番の欠点は感染してから(インフルエンザに罹ってから)時間が早いと正しい結果が出ないことが多いのです。あきらかにインフルエンザと思える症状でも陰性(インフルエンザではない)という結果になってしまうことがあるのです。幼稚園などではインフルの流行時には熱が出たらすぐ病院へ行けと指導されていると思います。学校を早退し、急いでで受診して検査をしたとしても、結果が陰性と出ているお子さんたちを多数経験しています。むしろそのケースのほうが多いくらいです。ただ熱が出てすぐに検査して陽性と出ていることもあるので早目の来院が意味ないということではありません。また、鼻から柔らかい棒を入れる検査なので注射より痛くないと思われるかもしれませんが、決してそういうことではありません。かなりの負担を子供にかけてしまいます。そういう意味でも予防接種を受けていて本人が元気なら少し時間をおいて来院しても問題ないと思います。

インフルエンザの薬って?

現在何種類かのインフルエンザの薬がでています。その中でもA,B型に効く薬として一般的なものはタミフルという薬です。副作用としての異常行動が問題になりましたが、これについてはタミフルのせいではなくインフルエンザそのものが異常行動を起こしているのではないか?というのが小児科の一般的な考え方です。また、異常行動は小学高学年生から認められるもので年少児にはほとんど報告ありません。
主なもう一つの治療薬としてイナビルという吸入タイプの薬もあります。服薬が苦手なお子さんには便利な薬ですが、うまく吸い込めないと使用できません。その理由から当院では大体の場合5歳以下ではタミフル、それ以上はイナビルという選択を行っています。

これはけいれん?

悪寒をけいれんと勘違いすることが多いです。インフルエンザは特に高熱をきたしやすいので急激に熱が上がった場合、悪寒も引き起こしやすくなります。本当にけいれんがあった場合は救急車になりますが、実際は殆どが悪寒のことが多いです。悪寒とけいれんを区別するには

  1. 意識がある場合(問いかけに応じる場合)はけいれんではないことがほとんど。
  2. 瞬間的な動きはけいれんではないことが多い。意識があれば急ぐ必要はありません。 逆に悪寒と思われる動きでも長い場合、繰り返す場合はけいれんの事もあります。5分以上怪しい動きを認める場合は仮に意識があっても救急対応するべきでしょう。

けいれんが起これば、そのすべてが脳炎のけいれんということではありません。インフルエンザが引き起こした熱性けいれんのことも当然あります。それを区別するのはお母さんには厳しいでしょう。明らかにけいれんがあった場合は速やかに病院へ行くべきです。

異常行動、悪夢?

高熱を出した場合、インフルエンザでなくてもうなされたり、意味不明の言動は認めます。 意識がもうろうとしている場合は完全に覚醒(起こして)させてみてください。 そこで普通の会話がある程度できるのなら大丈夫です。脳炎などに罹っての異常行動は簡単にはおさまりません。覚醒しない場合、不穏状態が長く続く場合は救急対応すべきです。

予防接種

予防接種は小児科で感染症を予防する唯一の手段(クスリ)と考えてください。予防接種は「接種しておいたほうがいい」のではなく「接種しなければいけないもの」と考えた方がよいでしょう。

予防接種の重要な点は接種間隔ではなく接種回数です。例えば4種混合の追加が2年以上経っていても(本来なら3回目の1年後)接種すべきです。また以前罹ったかどうかはっきりしない場合も接種すべきです。回数を多く接種したからといって強い副作用が多くでることはありません。積極的に接種すべきです。 ただ、あまりに接種年齢がズレていると接種自体、意味がなくなるものもあります(BCGとか)。自己判断せずかかりつけに相談してください。

新しい予防接種開始にあたって

現在、新しいワクチンが導入されたり接種回数が増えたりでワクチンスケジュールがとてもタイトになっています。 ほとんどのワクチンが早い時期からの接種を勧められており、これに従うと接種スケジュールをたてるのに大変困難な状況になっています。接種するワクチンはすべて重要ですがその中でも最も重要なのは「数あるワクチンの中で何を先に接種するか?」です。その指標になるのは「罹りやすい、罹ったら重症化する」ということでしょう。例えばBCGですが、BCGで防ぐ結核は今も昔も怖い病気であることにかわりありません。ただし身近な人にでもいない限りそう滅多にかかる病気ではありません。それに対し低年齢から罹る肺炎球菌、ヒブ、百日咳は現在でも多く認められ、重症化する場合も非常に多いのです。これらをさしおいてBCGを優先するのはお勧めできません。また、小児は風邪をひくことも多くスケジュールをたててもその通りにいかないことがほとんどです。もし当院で接種を進めるのなら毎回私のほうから「~週間後に~を接種しに来てください」とか「~ヵ月後なら~の接種が可能です」という指示を出しますからお母さんたちは悩む必要はありません。その状況において一番効率的な接種順番を指示します。

同時接種について

ヒブ、肺炎球菌など不活化ワクチンは同時接種が可能です。同時接種とはヒブは右腕、肺炎球菌を左腕というように違う種類のワクチンを同じタイミングで接種することです。同じ日に多くのワクチンを接種するわけですから病院へ来る回数が少なくなるというメリットがあります。ただ、1日に何度も注射される自分を想像してみてください。接種される赤ちゃんにとっては大きな負担になります。
単独接種(1種類ずつ接種していく)は赤ちゃんへの負担は軽く済みますが時間がかかるのが欠点です。ただ、以前からある接種法ですから信用性は高いです。当院ではお母さんの希望で単独も同時接種も受け付けています。

予防接種を受けるタイミング

風邪をひいている場合は例外をのぞいて見合わせるべきです。特にお母さんからみて、「おクスリを飲ませてあげたい」「鼻水が出てるけどどうしよう?」と思う場合は延期すべきでしょう。「接種さえしておけば大丈夫だろう」と考えているお母さんも中にはいます。接種は非常に重要なことですが、接種することにこだわって強引に接種しても予防接種自体の効果が出なければ、ただ痛い思いをさせているだけです。接種間隔は多少ずれても問題ありません。無理な接種は避けるべきです。

風邪などをひいた場合、接種するタイミングは症状がおさまってから、2週間あけたほうがいいでしょう。病気の診断がはっきりした場合は病気の種類にもよりますが2週間~1ヵ月あければ十分でしょう。かかりつけ医に相談してください。
けいれんがあった場合、現在は医師の判断があるのなら3ヶ月あければ大丈夫となっています。
※ほかの病院を受診している場合、接種が可能かどうかその病院の先生に聞いておいてください。そうしないと延期になる場合もあります。

ワクチンについて ※接種後の注意

  1. 接種後30分くらいは、ショックなどの副作用が出現することもあるので子どもの状態に注意しつつ病院にいつでも戻れるようにしておいてください。
  2. 接種部位は揉んではいけません。
  3. 接種した日の入浴は問題ありません。入浴時強くこすらないで下さい。
  4. 激しい運動は避けるように。
  5. 副作用で多いのは発熱と接種部位の腫れです。いずれも緊急性はありません。心配なら翌日受診してください。

当院の予防接種について

予防接種は小児科専門医のいる当院におまかせください!茨城県在住の方なら当院で接種可能です。
他県の方は、手続き・申請などが必要な場合がございますのでご相談ください。
当院では毎回接種後に次の予防接種のご案内を致します。一番効率的な接種順番をご案内しますので、お母さんたちは悩む必要がありません。
お母さんたちは順番のことは気にせず、「単独?同時?ロタワクチン接種する?」を決めてください。

ワクチンの接種時期と種類

月齢 ワクチン名
任意 定期
ロタ ヒブ 小児肺炎球菌 4種混合 B型肝炎 BCG
2ヶ月 〇 〇 〇
3ヶ月 〇 〇
3ヶ月+1週間 〇 〇 〇
4ヶ月+1週間 〇 〇
4ヶ月+2週間 〇 〇
5ヶ月 〇
6ヶ月 〇
11ヶ月 〇

以後、麻疹風疹、水痘など

ロタウィルスワクチンについて

毎年冬になるとロタウィルスによる胃腸炎が流行します。冬季白色便性乳児下痢症ともいい、白い下痢(実際はレモンイエロー)と嘔吐が主な症状にな ります。
症状が軽ければ、ただのおなかの風邪ぐらいで済みますが、中にはけいれんを起こしたり、重症化して入院するお子さんもいます。 ロタウイルスのワクチンを受けるのは任意となりますが、お子さんが感染しないようになるべく、接種しておくことをおすすめします。

対象年齢
生後6週(1ヶ月半)から24週(6ヶ月)までに2回接種
ワクチンの性状
生ワクチン・液体なので経口摂取
(空腹時接種が望ましいため、授乳後2時間空けて来院して下さい)
接種間隔
1回目接種後4週間以上空けて2回目接種
料金
1回15,000円
効用
接種すると一生免疫は続き、仮に感染したとしても高い率で重症化を防ぎます。ロタウィルスのみに効果があるのでノロウィルスなど他の胃腸炎には効果がありません。
副作用
発熱・発疹・下痢などが主なものですが、このワクチン特有の副作用としてごくまれに腸重積があります。
ワクチン接種後1ヶ月(特に初回接種から1週間)は注意が必要です。
腸重積 主に乳児に起こる腸の病気です。長時間泣き続ける、泣き止んでも繰り返す、嘔吐を短時間に繰り返す、血便などが特徴です。

予防接種受付時間

診療時間内であれば予約なしで、毎日受け付けております!

  • 当院で予防接種をされる方は必ずお子様の診察券番号でのアドレス登録をお願いいたします。
  • 他市の方は必ず予診票をご持参ください。
  • 予診票をお持ちの方は、事前に記入してご持参ください。
  • 当院では風邪・上気道炎・胃腸炎など、薬を服用している場合、飲み終わって症状も無くなってから1週間経過しての接種をお願 しています。また、医師の診察を受けてから決めたいという時も延期しましょう。

予防接種専用時間予約制

  • 感染症など心配な方は専用時間内での予約をお願いします。
  • 毎週 月・金曜日 13:00~13:10までに受付
予防接種予約はこちら

休日外来を受診した方がいい場合

生後3ヶ月未満の明らかな発熱

平熱の高低にかかわらず37.5度以上が3時間以上続く場合を発熱と考えてください。

明らかにけいれんがあった場合

一瞬の動きであったり、意識がはっきりしている場合は緊急性はありません。

顔色が悪くなるくらいの泣き、痛みが1時間以上続く場合。それを繰り返す場合

泣きやまないとの主訴で救急外来を受診しようとして病院に来る前に泣き止んでくる場合を多く経験しています。ドライブなどで環境を変えるのも一つの方法です。

嘔吐や咳でまったく水分が飲めない状態が続く場合

胃腸炎の嘔吐は長くても半日でおさまることが多いです。水分の摂り方が重要です。
よくある対処法Q&A

咳やゼイゼイで眠れない場合

逆にゼイゼイしていても眠っていられるなら緊急性はありません。
起こしたりせず、翌日受診してもいいでしょう。

かかりつけ医の重要性

なんでも相談できる病院をひとつ持つべきです。何科にかかっていいかわからない場合は小児科を受診すれば、まず間違いないでしょう。小児科は全身を診るので大体の病気には対応できることが多いのです。小児科で診れない場合は何科にかかればいいのか指示を出しますので、効率的に病院を受診することができます。

当院小児科で大丈夫な病気

  • 耳〜花粉症、中耳炎、蓄膿症
  • 皮膚〜アトピー、とびひ、水いぼ
  • 眼〜結膜炎
  • 軽い火傷、擦り傷程度の出血など

当院小児科が診れない病気

  • 外傷〜出血がひどい、骨折、ひどい火傷
  • 耳〜繰り返す中耳炎、ひどい耳だれ、異物など
  • 皮膚 〜いぼ、美容系
  • 眼〜繰り返す結膜炎、斜視など

発熱や咳などの症状が長引くと病院をすぐ変えてしまうお母さんたちがいます。色々な意見を聞きたいというお母さんなら別ですが、医者の立場からいうとあまりお勧めできません。というのは経過を見て病気を診断する場合が多いからです。受診初日から診断がつく場合もありますが診察所見や症状の変化から診断するほうがむしろ多いのかもしれません。例えば発熱で受診し初日はのどの赤みを認め、のどの風邪といわれたとします。三日たっても熱が下がらず再度受診した場合、私たちは初日ののどの赤みがどうなっているのかで判断するわけです。熱が続いていてものどの赤みが消えかかっているのなら「もうすぐ下がりますよ。」といえるし、変化がない場合はクスリを変えたりします。また胸の音が汚くなっていれば肺炎を合併したかもしれないと判断します。この点からも診察の所見は大変重要となります。病院を変えてしまうとこの診察所見の経過がわからないので、診断がつきにくくなることがあるのです。